正しい食材を食べること

子供の偏食を治す方法で有効なのは、母親か子供と一緒に家庭菜園で野菜を作るというのがある。
野菜を食べない子供は母親が何とかして食べてもらおうとハンバーグに野菜をみじん切りにして混ぜ込んだり、ペースト状にしてしまいがちだという。
家庭菜園が難しいようなら、子供と一緒に料理するのがいいようだ。
一緒に料理をする手段が有効なのは、料理になる前の野菜が素材の状態で見ることができるし、お手伝いをしてもらうことで、「ありがとう、たすかった」と褒めてあげたりするだけでもずいぶん違うようだ。
そうすると食材が身近に感じられそうな気がしていいのかもしれない。
もし、母親が働いていたら一緒に料理する時間は休みの日くらいしかないだろうな。
私の母は専業主婦で料理を作るのが好きな人だった。
家で唐揚げ、天ぷら、とんかつなど作るときは、私は衣をつける係だった。
たまに、テレビで「噂の東京マガジン」のやってTRYのコーナーでで若い女性が料理を作るのだが、野菜や魚の食材を選ぶ段階で間違えている。
思えば最近スーパーで魚は切り身しか買っていない。子供が魚の絵で切り身を描いたという笑えない話もある。娘が大きくなったら食材の正しい知識から勉強させないといけないと思った。キレイモ予約の情報が掲載されているWEBはこちら

必要なときに必要なことをする

24時間巡回型お仕事
巡回型のホームヘルプサービスは、24時間の中で、介護を必要とするときに、ヘルパーが自宅を訪問し、介護を実施するというやり方です。介護は、一気にいろいろやってしまえばしばらくは何もしなくてもいい、というものではありません。食事は1日3回しなければいけないように、食事の介助は一日3回必要ですし、それによって食事の片づけ、歯磨きなども1日3回必要になります。寝たきりの人の場合であれば、夜間は2時間おきに体の向きを変えなければいけません。普通の人なら一日に6、7回トイレに行くように、自分でできない人ならオムツ交換もそれだけ必要ということです。このように1回にかかる時間は短時間だけれども、その介護が必要になる回数がある場合は、このような24時間巡回型でヘルパーが必要とされている介護を実施しに自宅を訪問します。24時間ということなので、時間帯は関係なく、深夜であっても安否の確認だけに自宅を訪問するということもあるそうです。必要なときに時間帯を問わず、介護が実施されるので、特に夜間や早朝は家族の負担も軽減されると思います。介護は24時間ずっと続いていくので、家族とヘルパーさんが協力してできれば心強いことだと思います。シースリーの情報サイトはこちら